title.jpg

ひらめき 当ブログでは、ネット徘徊で拾った画像を使用していますが、
  決して著作権、肖像権等の権利侵害をするつもりではありません。

  問題があれば、直ぐに削除の対処を致しますので、
  その場合はメールまたはコメントにてご連絡下さいませ。





2007年05月15日

ちょいとご相談



【もうすぐ、一か月半】07/07/03 (-。-)y-゜゜゜
こんにちは。

もうすぐネコの親子と知り合って、一か月半になろうとしています。

裏山へ引っ越しを終えたこの親子ですが・・・


引っ越して三日ほど経ったある日・・・

日に何度か、母ネコが元いた庭先の巣の周りで泣くのです。

家族と「どーしたんだろねぇ」と話していました。


・・・で、理由がわかりました。


目に障害のあった黒ネコの一匹が見当たらないのです。

母ネコは、居なくなった我が子を探していたのです。

それが、五日ほど続きました。

私も移動先の周囲を探しましたが、とうとう見つかりませんでした。


カラスに襲われてしまったのかもしれません。
それ以外の外敵に襲われたのかもしれません。
真実は、わかりません。


可哀そうなことをしたなぁ・・・と胸が締め付けられる思いです。

でも、それはどんな理由があるにせよ、

よく言えば「見守る」、別の言葉にすれば「見て見ぬ振りをする」

ことにしたのですから当然の苦しみ、報いなのかもしれませんど・・・。


いまは、母ネコと2匹になってしまった子供達は、裏山の切り倒された木々の隙間へ更に根城を移して、元気に暮らしています。

2匹とも器用に大木の上を走りまわっています。

母ネコも、この2匹をとても可愛がっています。

どうか、いまのままの幸せが続くように祈らずにはいられません。




【一ヶ月経ちました・・・・・】07/06/13 (-。-)y-゜゜゜
こんちは。

見守り続けて一ヶ月・・・

五日ほど前から、元いた場所から広めの植木の中に移動。
ハッキリと仔ネコたちの様子が確認できるようになりました。


健康かと思われた3匹の仔ネコたちでしたが、

うち2匹がどうも奇形で、目が潰れてしまっている様子・・・
かろうじて、一匹だけが健康みたいです。


腹をくくって、病院の選択をはじめたところ・・・

本日、また引越しを始めました・・・。
今は、目の見えないであろう2匹を先に移動させています。

場所は、自宅の裏山の切り倒された大木の折り重なった隙間。
目視するのが精一杯。


この母さんネコは、実によく仔ネコたちの面倒を良く見ます。
例え、健康体ではなくても・・・
仔ネコを気にしながら、振り返り、振り返り、外出したり・・・
仔ネコの側に箱座りして遊ぶ様子を見守ったり・・・
保護しようとしても、激しく威嚇したり・・・
一生懸命に子育てしていました。


まだ、本移動なのか分からないので、今いる場所の仮設屋根は取り払わないでおこうと思います。



【2週間が経ちました・・・・・】 07/05/30 (-。-)y-゜゜゜

こんばんは。

皆さんにご相談して、2週間が経ちました。

おかげさまで母ネコ、仔ネコともに元気です。

まだまだ、母さんネコは用心深いですが、最近はコチラが特に手を出す様子も無いのに安心したのか、時々庭で寛いでいるのを見かけます。

結局、仔ネコは3匹。

白黒2匹と母さんと同じ雉虎1匹でした。


ブログのほかに掲示板で相談したりして、母さんネコもしっかり仔ネコの面倒を見ていることから我が家では、『見守る』姿勢を通してきました。


そして、先日・・・・・

市内に愛護センターがあるというので、我が家の事情も伝えて

こういったケースはどうしたらよいのか?
センターに渡して翌日処分にならないためにはどうしたらよいのか?

を相談してきました。


すると、

かなり大きなボランティア団体が、毎週決まった曜日に引き取りに来ていること

センターでも月一回譲渡会が催され、里親を見つけることが出来るかも知れないこと

を教えてくれました。


仔ネコは、健康に問題が無く、400グラム以上あれば、ほぼボランティア団体が引き取って行くとのことでした。


まぁ、この先どうなるかは分かりませんが、今はこの母仔の健康を祈りつつ、『見守る』スタンスを通すしかないのでしょうね。






【ご相談内容】

こんちは〜♪

半月も更新せずに、いきなりで申し訳ありませんがご相談があります。


当ブログにご訪問いただく方の中には、

ご家族の一員にネコちゃんがいらっしゃる方がいますのでお聞きしたいのですが・・・・・


実は、つい先ほど「ミャーミャー」と仔ネコの声が聞えたので、

何だべ?? ( ゚Д゚)ハァ?

と思い、声のする場所を覗いてみると・・・・・


我が家の植木の奥まったところに、

産まれたばかりの仔ネコと一緒だと思われる母さんネコ を発見しました。

.  ∧_∧
 (´・ω・) なー
.c(,_uuノ


入り組んだ場所のため、覗いても母さんネコの顔くらいしか確認できず・・・・・

nuko_konuko.jpg

しかし、時々「ミャーミャー」と仔ネコの声が聞えるのです。

小雨も降っていて、ダンボールで雨をしのいでやるのが精一杯の状況です。


家族が言うには、以前も同じようなことがあったようで、

その時は親ネコの姿は無く、仔ネコがかなり衰弱していたため、

保護して獣医に見せたらしいのですが、

初乳を飲んでいなかったらしく、結局助けられなかったそうです。


・・・・・で、今回はそのような事にならないように気をつけたいのですが、こういった場合はどうしたらよいのでしょうか?


実家に引っ込んでわかったのですが、どうも家族はネコが苦手なようで、飼うってのは微妙だし・・・・・

母さんネコも居るようだし、今のところはスルー、様子見で良いのかなぁ?


この告知をご覧の皆様にお知恵を拝借いたしたく、

何卒よろしくお願いいたします。

 /l、
(゚、 。 7 お願いします
 l、 ~ヽ
 じしf_, )ノ












posted by ガンちゃん at 15:57| Comment(6) | TrackBack(0) | オサンの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お母さんごと保護してあげられれば
いいんですけどねぇ。。。
おっぱいがよく出るように餌を置いて
やるとかは出来るんでしょうか?
人間に慣れてくれるようなら里親を
捜してあげるといいと思うんですが。
すみません、なんか頭の中がまとまらないです。
Posted by 前世は猫 at 2007年05月15日 23:50
>>前世は猫 さん
こんにちは♪

お疲れなのにお知恵を拝借して恐縮です。
どうもありがとうございます。

仔ネコがいるからかも知れませんが、
昨日近づいた時には威嚇されてしまいました。

今日、母さんネコの留守に確認すると仔ネコは2匹、たぶん、生後1週間も経っていないと思います。

現状は、母子ともに健康で、母さんネコもよく子供達の側にいることが多いみたいです。


私のほうは、引き続きどうするのが良いのかをネ
ットで検索する一方で、役所の住民福祉課などにも相
談して見ようと思っています。

ただ、おっしゃるとおり、エサはあげたほうがいいのか否か悩んでいます。

田舎で、しかも場所が植え込みの中なので、
カラスや蛇などを呼び込んでしまう可能性があるので・・・・・。

まあ、その辺も踏まえてもう少し情報収集してみます。

本当にありがとうございました。
Posted by ガンちゃん at 2007年05月16日 16:45
うちの母ちゃんは死にかけてる
仔猫を保護して、今は実家で
元気に過ごしてますけどね〜
ご家族がニャンコが苦手だと
「引き取った方が良い」とも
言えませんしね〜。ん〜困ったな。
Posted by at 2007年05月16日 21:19
>>茜 さん
こんにちは。

貴重な体験談をありがとうございます。

私の家族のこともありますが、今までにこういったケースの経験がないので、私自身どーしてよいのか解らないのが正直なところです。(汗)

飼えないけど、何とかしたい・・・・・

矛盾してますよね、勝手ですよね・・・・・

でもねぇ、上手く言えませんけど、やっぱり何とかしてあげたいんですよ。

いろいろとネット検索をして行く中で、今日某猫コミュに登録して、そちらでもお知恵を拝借できるようスレ立てしてきました。

天候の事も考えると、早くきちんとした対応をしてあげなければと考えています。

母さん猫がもっと人懐っこければ母親→子供・・・・・って保護できるのですがねぇ。

知識不足がゆえに、一向に良い考えが浮かびませんよ。(半泣)

どうもありがとうございました。
Posted by ガンちゃん at 2007年05月17日 16:28
こんにちは。

なんとも難しい状況ですね。
母猫が一緒にいて子猫の面倒を見ているのであれば、あまり構わない方がいいと思いますケド。

母猫は子猫に危害が及びそうになると場合によっては噛み殺してしまう事もあります。
あまり近くに寄って匂いを付けてしまうと近寄らなくなりそう。

母猫はどこかに餌を取りに行き、戻って子猫の面倒を見ているのなら心配は要らないのでは?と思います。
Posted by RSB☆WAO at 2007年05月20日 10:11
>>RSB☆WAO さん
こんばんは。

本業(?)のほうに掛かりっきりで、全くこちらがほったらかしになってます。(汗)

コメントありがとうございます。


発見から2週間が経ち、仔ヌコたちも目が開き始めました。
母仔ともに元気みたいです。

先日愛護センターに行って、どうするのがよいのか相談してきたんですよ。

愛護センターと言っても、対応は翌日『処分』が原則のようでした。

でも、健康な仔ネコならかなりの確立で訪れるボランティア団体が引き取り、譲渡会などで里親を探しているのだそうです。

また、愛護センターでも月に一度、譲渡会というのを開いているのだとか・・・・・。

『関わるのか』『見捨てるのか』の選択や
『自己満足のために助けたいと考えたのか?』など心の葛藤にも悩んでいましたが、選択肢が増えたことで気持ちも少し楽になりました。(笑)

今では、母さんネコも頑張って子育てをしているようなので、見守るスタンスは変えずに『元気に、健康に育て』と毎日祈っています。(笑)


笑笑〜。
σ( ̄。 ̄)アイアイサー

ご指示通り、重複コメントは削除させていただきます。
Posted by ガンちゃん at 2007年05月30日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

アニマルポリスとは、動物に関わる犯罪を取り締まる組織・職名のことです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。